ホーム >  みんなでレビュー >  ボードゲーム >  リトルアマデウス はじめてのオーケストラ


リトルアマデウス はじめてのオーケストラ

リトルアマデウス はじめてのオーケストラ
リトルアマデウス はじめてのオーケストラ
原題Little Amadeus - Mein erstes Orchester
プレイ人数2〜5人
プレイ時間15分
販売元アミーゴ
デザイナーReiner Knizia
評価★★★

リトルアマデウス はじめてのオーケストラ 【小さく稼ぐか大穴を狙うか】

長い題名ですが、数年前に『リトルアマデウス』シリーズって枠で何作かでたんですよ。
そんなわけで、シリーズのどの作品か分かるよう命名した結果、題名が長くなってしまったと。

親がルーレットを回して、指し示したカードを引き取るかパスかを選びます。
パスしたら左隣のプレイヤーが引き取るかパスかを選びます。
誰かがそのカードを引き取れば、また親がルーレットを回して、次のカードを決めます。

ただし、カードが引き取られた箇所は空白になります。
ルーレットがその空白地を指し示すと、1ラウンド終了。
カードを取らなかったプレイヤーは、何も得られないまま終わるのです。

場のカードが8枚になるように補充したら、新しい親がルーレットを回して……と繰り返します。
補充しきれなくなったらゲーム終了。
カードの数字を合計して、一番高いプレイヤーの勝ち。

同じ楽器を2枚集めると+5点、3枚だと+10点の選択ルールもあります。
これを入れないと、1点や2点のカードがカス扱いされそうな気がします。

ゲーム慣れしてない人に、軽めのKniziaジレンマを味わってもらえる佳作。

【関連HP】
http://www.gamers-jp.com/playgame/db_gamea.php?game_id=3916
http://www.tgiw.info/report/090506.html#littleamadeus
http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1105345.html


2011-5-12 22:00 投稿者: 北野 (記事一覧) [ 1908hit ]
カテゴリ内ページ移動 ( 28  件):     1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 28    
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



コンテンツ紹介
© YutoriSpace. All Rights Reserved.