Favorite Books



ここ2年間に読んで印象に残った本を挙げておきます。

[1]
朗読者
Bernhard Schlink 著、松永 美穂 訳 (新潮クレスト・ブックス 2000)
(原題 Der Vorleser)

久々に読んだ重いテーマの小説。かなり印象的な本。
中身を言ってしまうとつまんないので書かないけどお勧め。

[2]
恥辱
J.M. Coetzee 著、鴻巣 友季子 訳 (早川書房 2000)
(原題 Disgrace)

舞台は南アフリカ、光景が目に浮かぶよう。
軽く読めるが、テーマ、芸術性もすぐれていて読ませる。

[3]
ドラゴンフライ ミール宇宙ステーション悪夢の真実(上・下)
Bryan Burrough 著、北村 道雄 訳、寺門 和夫 監修 (筑摩書房 2000)
(原題 Dragonfly)

NASA とロシアが協力しての宇宙計画やいかに。
ロシアは面白い国である。人間性の違いは科学ですら違ったものにするかもね。

[4]
エレガントな宇宙 超ひも理論がすべてを解明する
Brian Greene 著、林 一・林 大 訳 (草思社 2001)
(原題 The Elegant Universe - superstrings, hidden dimentions, and the quest for the ultimate theory)

スーパーストリング理論をM theoryまで最新の成果をふまえた一般向け解説書。
ブラックホールとストリングの関係など興味深く、今後の理論の発展が待たれる。
現代物理学の最先端を味わうことができる。

[5]
オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby
まつもとゆきひろ/石塚 圭樹 共著 (アスキー出版局 1999)

まだ途中までしか読んでいない。
Ruby を知る以外に、オブジクト指向によるプログラム設計論まで学べるおいしい本。


5年前の推薦書


Back